快。

詰まりが無くスピード感がある時、

人が感じるモノ。

 

月曜日の朝、あなたは仕事を始めた。

とても眠い。身体が重い。

やっとの思いでPCの電源を入れる。

 

PCのソフトウェアアップデートが走る。

所要時間は25分と出ている。

「なんでいきなり、、」と思いながら、コーヒーを飲む。

 

しばらく待ち、アップデートが終わりそうになる。

残り2分。

こんな時に停電だ。

長い時間停電になる。

復旧した頃にはもうお昼だった。

 

お昼休みを取り、そのあとにPCを起動。

そうだ、アップデートが終わっていなかったんだ。

その日、まともに仕事を開始できたのは15時だった。

 

新しいソフトウェアバージョンの影響か、

心なしかPCの動作が重い。

ボタン配置も変わっていたので、手間取る場面もあった。

 

そうこうしている内に業務終了。

こなした仕事は殆どなかった。

負担は小さいはずなのに、なぜかモヤモヤする。

それを解消するため、飲みに行った。

 

読んでいるだけで、

不快な気持ち、

疲れるような感覚にならないだろうか。

 

例えば、アップデートが始まった時に、

他の仕事を手伝う。

把握している内容だったので、

チームをうまくリードして仕事が進む。

そうなっていればどうだったろうか?

 

その方が負担が大きいのに、不快感がない。

快い気持ちで仕事を終えられるだろう。

 

仕事にせよ、勉強にせよ、

詰まりがある感覚を人間は不快だと感じる。

そしてモチベーションも奪っていく。

すると更にスピード感の欠ける、

詰まりのある状態になる。。。

悪循環だ。

 

快く仕事をするには、

本当に意味あることで無くても良いから(程度によるが)

詰まりがなく、

連続して一つ一つ進められている感覚が必要だ。

 

前に進んでいる感覚が得られる。

すると煮詰まってメンタルに負担がかかるのに、

何もアウトプットできてない、

そんな事態を避けることが出来る。

 

・まずは一歩進む

・単純に手のスピードを上げて動く

この二点に気をつけるだけで、

精神的な負担が減るだろう。

 

元々何も成果が上がらない状態なら、

別の考え方を試しても損はない筈だ。